はい

2015年3月6日金曜日

ORASシーズン8使用構築 脳筋ラティハッサム

 まだシーズン終わってませんが粗が目立ってきて使うのが辛くなってきたため公開。
 最高2071、1900~2000で安定。色々あって最終的に1850まで一気に落ちて感情を失いました(^o^)




1:簡単なポケモン紹介
2:パーティ方針等
3:個別詳細
4:反省等



ポケモン持ち物特性 技1 技2 技3 技4 
ラティオス拘り眼鏡浮遊 トリックりゅうせいぐん サイコショックなみのり 
ハッサム ゴツメ テクニシャン 剣舞羽休め とんぼがえり バレットパンチ
ガルーラ メガ肝っ玉→親子愛恩返し 地震 ふいうち グロウパンチ  
カイリュー ラムのみ マルスケ 龍の舞逆鱗炎のパンチ しんそく 
ガブリアス ヤチェのみ 鮫肌剣舞 逆鱗 地震 岩石封じ 
ウルガモス 食べ残し 炎の体蝶の舞身代わり大文字 めざめるパワー地


 前回の反省を活かし、ラティオスやハッサムで対面操作や起点作りを行い、裏で抜いていくことを目指し作成。その結果龍3枚、積みアタッカー5枚という構成になりました。ギミックは無く、積みリレーとスタンパを足して3で割った感じになっています。
 この構築はレート1800あたりまでには強く、それ以上レートが上がってくると勝ちづらくなったのでまぁそういうことです。










ラティオス 臆病 CS

ドラゴンその1。だいたいトリックしてるポケモン。起点作り+削り役として採用。
一貫する技があればその技を選択し相手を消耗させます。
初手でこいつとガルーラが対面するとグロパン、不意打ち、猫だましのどれを撃たれるかわからないのが最高にヤバい。











ハッサム 呑気
個体値 V-V-V-×-V-9
努力値 236-0-132-0-140-0

調整先は前回の記事と同じものです。だいたいとんぼしてるポケモン。
ゴツメの削り+対面操作+最終盤の抜きエースとして採用。
カバルドンの上を取ることがありかなり困ったことを覚えています。厳選はしっかりSVまで狙いましょうね。お願いします。
剣舞の使い勝手がなかなか良かった・。・v





ガルーラ 意地っ張り
個体値 V-V-V-×-V-V
努力値 184-212-112-0-0-0

調整先は前回の記事と同じものです。ラティハッサムで重い奴らいろいろ見るために採用。
突然グロパンすると相手のパーティが崩壊するのが面白かった・。。・
ゴツメガブやめて。





カイリュー 陽気 AS

ドラゴンその2。普通の舞カイリュー。バシャに強い+ガルーラとの相性が良いため採用。
メガミミロップ等の高速ポケモンを舞って抜くために最速。
炎のパンチは撃つ場面が結構あり、このパーティに関しては地震よりも撃ちたい場面が多かったので正解だと思っています。











ガブリアス 陽気 AS

ドラゴンその3。剣舞ガブを使ってみたかったこと、電気の一貫性を切るために採用。
相手の受けを強引に削るために剣舞、削れてもめざ氷を耐えるようにヤチェ。
特にいうことはないですね。すげえパワー。











ウルガモス 控えめ
個体値 V-0-V-U-U-V
努力値 4-0-4-248-48-204

H:16n+1
C:高い
D:余り
S:最速80族抜き

クレセドラン+αを倒すため、耐久をハメ殺すため、鬼火の一貫を切るために採用。そしてそのための蝶舞身代わり残飯。単純に抜きエースとしても使えるようにCには全振り。最速135族を舞って抜ける、素でマンムーを抜ける最速80族抜き。
このポケモンが上手く機能した対戦では勝てていたと感じています。それくらいには強かった。
大文字の命中がネックだが代えがたい火力のためジレンマ。



4
 なんというか頭の悪そうな極端な構築になってしまって冷静に構築を見返している今悲しいです。(いつも頭悪そう)
 受けることがハッサムでしかできないので基本的にサイクル戦ができません。しかし対面構築かといわれるとそんなふうでは無いです。相手に負担をかけることを考えて上から殴られることを想定していなかったのかもしれません。ステロ展開に弱いのも辛い点でした。
 攻めると強かったけれども攻められると弱かった構築でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿